歯痛自発痛と誘発痛

歯痛

自発痛と誘発痛

歯髄疾患や歯周疾患により生じる疼痛には、自発痛と誘発痛があります。 歯髄はすべての刺激を痛みとして感じるため、 急性歯髄炎(化膿性歯髄炎)では強い自発痛を感じます。 しかし、露髄(歯髄が解放)すると刺激痛だけとなります。 歯根の露出や一部性漿液性歯髄炎の場合は、 冷水疼痛を感じるため、知覚過敏症ともいわれています。 生活歯(歯髄が生きている状態)が失活歯 (歯髄が壊死、もしくは歯髄処置が済んでいる状態)かを判断する歯髄診断では、 加熱した仮封剤(ストッピング)や歯髄診断器が用いられます。 このとき痛みが感じられた時、生活歯と診断されます。

インプラント治療の専門医~エルム駅前歯科クリスタル:インプラントの相談はお気軽にお問い合わせください。0120-098-118

インビザライン矯正歯科と言えば旭川駅前あしたばデンタルクリニック

旭川市宮下通7丁目2399-1 明治屋ビル5F

0166-27-2450

インプラント相談会が旭川で毎月開催されています。参加費無料~悩みや不安を解消しませんか?