歯根嚢胞(しこんのうほう)進行状態に応じて治療が変わります

歯根嚢胞:radicular cyst

表面と内部にできる疾患

根尖(こんせん)性歯歯周組織疾患の一種で、表面に現われた嚢胞壁と、 内部に貯留した液状物質の嚢胞腔から形成された疾患です。 マラッセの上皮遺残が歯根肉芽種内で増殖して循環・栄養障害によって内部が融解します。 すると嚢胞が形成されます。嚢胞壁は3層(重層扁平上皮、肉芽組織、線維性結合組織)から作られます。 内層の上皮層は、重層扁平上皮からなり、中層は肉芽組織となります。 中層には、リンパ球や形質細胞、泡沫細胞の浸潤がみられます。 外層にあたる“線維性結合組織”には、リンパ球や形質細胞が浸潤して周囲の骨に連なります。 嚢胞内には、黄色や暗褐色の液状物があり、液内には各種の円形細胞、剥離上皮細胞、泡沫細胞、コレステリン結晶などがあります。 病状の進行は遅いため、自覚症状があまりなく、ものを噛んだときに不快を感じたり、 歯を叩くことで疼痛があったり、濁音がみられることがあります。 歯冠の変色や、根尖部の歯肉に腫れた隆起があります。 治療方針としては、感染管根治療、根管充填を行いますが、治癒が望めないものに対しては外科的歯内療法が行われます。

インプラント治療の専門医~エルム駅前歯科クリスタル:インプラントの相談はお気軽にお問い合わせください。0120-098-118

インビザライン矯正歯科と言えば旭川駅前あしたばデンタルクリニック

旭川市宮下通7丁目2399-1 明治屋ビル5F

0166-27-2450

インプラント相談会が旭川で毎月開催されています。参加費無料~悩みや不安を解消しませんか?